2015年12月28日

野生的な仕立てに触れる。影山

今年も残りわずかですね。

年末とか全然関係ないんですけどこれ↓

C13ADD6F-6A4D-420F-BDEB-08DA2900DC95.jpgうちの近所で見つけた、野生的に仕立てられたサボテンです。
この領域まで達するには何年かかるのか僕にはわかりませんが植物の生きようとする力を見事にプラ鉢で表現した見事な仕立てですね。
素敵です。

それとこれ↓
C4548D8C-4A30-418E-BDAB-A2C97F184B6F.jpg
商店の屋根というか看板を覆った多肉植物、和名で《朧月》でしょうか?
上がどうなっているのか非常に気になる所です。
この野生的な仕立ても何年かかったのか僕にはわかりません。

ここが自生地だ!と植物から意思を感じさせる仕立てになっていますね。
素晴らしい!

こちらの二つの植物は決して放置されて出来る代物じゃあないと僕は思っております。
自分もいつかはこういう素晴らしい仕立てが出来るようになりたいなぁ。
posted by ma at 22:49 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431812072
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック